このご時世にあえて現金払いのメリットを考察してみる

雑記

このご時世にあえて現金払いのメリットを考察してみるアイキャッチ

一言でキャッシュレス決済のメリットと言ってもいろいろな決済方法がありますね。

クレジットカードであればポイント還元など明確な金銭メリットがありますよね。

Suicaなどの電子マネーであれば決済スピードが早いなどというメリットをあげる事ができます。

それに今後の消費税増税時にキャッシュレス減税が導入されればますますメリットは強くなるかと思います。

 

各国のキャッシュレス決済比率の状況

経済産業省 キャッシュレス・ビジョンより

ですが経済産業省の調査結果を見ると世界的に見て日本は現金派が多いのもまた事実。

多くの人が現金決済を行うのは、そこにメリットがあるという事に違いない!

という事であえて現金払いについて考えてみたいと思います。

 

明らかにメリットだと思う事

日本国内であれば圧倒的に多くの店で通用する

現金のみ対応の店舗は数あれど現金NG店はまだまだ少ないですからね。

基本的にどこでも通用するのが現金払いの最大の強みでしょう。

 

都心だとカード払い可能な店は数多い上にもしダメでも他にいくらでも店はあります。

ですが地方だと使えないところが結構多かったりして不便なんですよね。

複数店舗が入っているような大きなスーパーでも現金のみの取り扱いで焦った経験があります。

 

割り勘

割り勘をする際には現金が一番便利です。

LinePayなどの割り勘可能なアプリもありますがその場にいる全員が使える必要がありますからね。

その点現金払いはアプリよりもはるかに手軽です。

よくある例として「割り勘」としましたが要は対面での個人間のやり取りですね。

物理的に渡したり受け取ったりするだけなのでいつでもどこでも誰にでも可能です。

 

クレジットカード利用だと上乗せ請求されるケースがある。

「クレジット決済だと○%手数料上乗せします」という店はたまにありますね。

実は手数料を客に負担させたり、使用の条件を設けたり、ポイント還元を不利にしたりするのは規約違反なのですが少なからず行っている店舗が存在する事は事実です。

カード会社に通報すれば是正勧告はしてくれるらしいですが、その場でうまく収めるのは難しいでしょう。

支払い拒否して揉めるほどの金額でない場合は理不尽ながら払ってしまうことがほとんどかと思います。

現金払いであればこういった規約違反店の不当な請求トラブルは無縁ですね。

 

設備が不要

「停電でカードを使えなかった」というのは災害時によく聞く話ですね。

災害時以外でも電気が通ってない露店販売や路上パフォーマーへの投げ銭などは現金になってくるでしょう。

場所を選ばないというのが強みですね。

 

メリットかデメリットかよくわからない事

現金だとお金を使った気になるから無駄遣いを防げる

こういった意見や「カード払いだとお金を使った気にならないから無駄遣いをしてしまう」という裏返した意見を現金派からはよく聞きますね。

実際に財布からお金が減るのが目に見えるので無駄遣いを防げるという気持ちはまぁわかります。

1万円札とかを崩すときってやっぱり心理的な壁ありますからね。

 

けれど逆にたくさん財布の中に現金が入っていると安心して無駄遣いしてしまうのでは?とも思います。

財布の中に入っているお金の量と使う判断は切り分けたほうがよさそうですね。

 

ギャンブル

競馬や宝くじといった公営ギャンブルはネット上で決済ができたりしますが基本的にギャンブルは現金で行われます。

法律上は賭博として扱われないが限りなく黒に近いグレーであるパチンコ・ある程度のレートまでならお上からお目こぼしいただいてる麻雀・そもそも営業しているだけで違法な闇カジノでは記録が残るような決済方法は扱えないですからね。

利用者もそういった所で得た金は記録に残したくないでしょうしね。

やはり匿名性が高く誰でも扱うことができる現金とギャンブルは相性がいいようですね。

ギャンブル大国の日本では現金の流通と切っても切れない関係にあるかと思います。

 

実はそれほど大きくない現金支払いのデメリット

ATM出金手数料

クレジットカードと比較される際に真っ先に槍玉にあがる事が多い無駄なコストの代表格と言えばATM出金手数料。

確かに預けても金利なんてほとんどつかない銀行に取られる手数料はバカらしいですね。

ですがこの手数料はなくすことが可能です。

都市銀行であれば銀行設置のATM利用や時間帯によって無料になりますし、ネット銀行であれば1か月の無料回数が設定されていることが多いです。

まぁ出勤手数料無料とはいえ場所や時間が制限されるのはデメリットとなります。

ですが無料回数が設定されているのは時間も場所も関係ないので、毎月無料出金回数に収めれば特にデメリットはありません。

 

決済スピードの遅さ

財布から現金を取り出す作業からお釣りのやり取りなど非効率的だと言われている現金決済。

ですがカード払いでもタッチ式で無ければ時間がかかる場合が多いです。

カードを端末に差し込んで暗証番号を入力したり、サインを求められる場合だと現金の方が圧倒的に早いです。

数百円程度の決済でこれらを行うのはかなり面倒臭く感じますね。

なので一概に現金決済が遅いとは言えないかと思います。

 

まとめ

現金についての考察は以上です。

こうして並べてみると現金にも良いところは結構ありましたね。

カードのポイント還元のような直接的な金銭メリットはありませんが“対面での決済方法”として考えると日本はまだまだ現金が便利な社会です。

 

キャッシュレス決済をメインにしつつ不便さが残るところは現金で補っていくのがいいでしょう。

今現金をメインで使っている方はメリットを活かしつつ経済的合理性がある部分をキャッシュレス決済に置き換えることでよりお金と上手に向き合えるかと思います。