PayPay(ペイペイ)キャンペーン第2弾が何気にじわじわとおいしい件

雑記

2018年12月に行われた100億円キャンペーン第1弾はまだ記憶に新しいですね。

「パソコン買った!」「スマブラとswitch買った!!」「10万円返ってきた!」と大盛り上がりでしたね。

それに比べてあまり話題にあがらない第2弾ですが実はそれなりにおいしい内容となっています。

僕の場合、細々と使っていたらキャッシュバック額が第1弾の時をいつの間にか超えていました。

騒がれていないからこそ上手にキャンペーンを利用できるチャンスです。

ということで第2弾のキャンペーン内容のおさらいと上手な使い方を説明します。

100億円キャンペーン第2弾の内容

開催期間

2019年2月12日~2019年5月31日

もしくは還元額が100億円分に達したら終了。

 

還元率&上限

銀行口座からのチャージはYahoo! JAPAN IDの登録が必要となりますが本キャンペーンのMAXである20%が還元されます。

Yahoo!JAPANカードの場合だとチャージより1%還元率は下がります。

ですが使用額がそのままカードで決済されるのでチャージの手間もなく非常に楽なので僕はYahoo!JAPANカード払いにしています。

 

1回あたりの上限は一律で1,000円なので1回の買い物額としては5,000円 or 10,000円が目安となりますね。

 

やたら当たるくじ(懸賞)

100億円キャンペーンといえば先述した通常の還元よりもこのくじのほうがイメージが強いんじゃないでしょうか?

最大10万円までバックされた第1弾は衝撃的でしたね。

第2弾では確率は一律で1/10、1回あたり最大1,000円、キャンペーン中の上限が2万円と大きく内容が変わっています。

また、対象となる支払い方法がPayPay残高(チャージ)もしくはYahoo!JAPANカードのみとなるので注意しましょう。

 

Yahoo!プレミアム会員

キャンペーンが始まった当初はYahoo!プレミアム会員はくじの確率が1/5になるという特典がありました。

が、執筆現在(2019/3/12)では終了しています。

 

第1弾との違いに注意

キャッシュバック

第1弾 第2弾
還元率 20% 支払い方法により10~20%
1回あたりの付与上限 なし 1,000円
期間での付与上限 1か月あたり5万円 キャンペーン期間中5万円

やたら当たるくじ

第1弾 第2弾
当選確率 1/10 or 1/20 or 1/40 1/10 or 対象外
当選上限金額 10万円 1,000円
期間での付与上限 なし キャンペーン期間中2万円

 

その他

キャンペーン内容については主に金額部分が大きく変わっています。

一言で言うと「マイルドになった」という感じでしょう。

この他にも大きく変わっている点があります。それは・・・

  • 利用可能店舗の拡大
  • ネットワークの安定
  • UIの改良

などがあげられます。

 

特に使える飲食店、ドラッグストアが増えたのは嬉しいかぎりです。

第1弾のときは月上限5万円の残高付与+最大10万円の全額バックだったので家電量販店などでの高額な買い物がメインとなって盛り上がっていました。

今回は日常の買い物なんかにちょうどいい金額設定となっています。

コンビニで食事や買ったり、外食、2人程度の飲みなんかにちょうどいいですね。

喫煙者であれば1カートン5,000円くらいするところを20%還元で毎回1,000円キャッシュバックを受けられるとなると増税前より安く煙草が手に入っていることになります。

 

また、前回キャンペーン時にはシステム障害によりアプリが使えなくなることが度々ありましたが今回は安定しているようです。

いざお会計!というときに使えないのは困りますからね。

 

1か月使い続けたら第1弾の付与額をこえました

まぁ前回はすぐに期間が終わってしまったため2万円弱くらいのカメラ用レンズくらいしか買えなかったのですが、その付与額を既にこえました。

使ったのは主にファミマ、松屋、居酒屋、ドラッグストア、ビックカメラでの日用品、アパレルショップ、美容院です。

ほとんどが数百円程度の買い物で高くても数千円の買い物を数回行っただけとなります。

 

必ず19%還元+最大1,000円のくじの効果は絶大で気が付くとバカにならない金額になっていました。

塵も積もれば・・・というやつですね。

 

今回のキャンペーンで感じた強みが「騒がれていないからこそおいしい」ということでした。

第1弾はあまりにも話題になったため100億円の還元がわずか9日間で終了してしまいました。

家電量販店で高額な買い物をした人は良かったと思いますが、欲しい高額商品が無い人にとってはほとんどキャンペーンを活かせずに終わってしまったと思います。

 

第2弾は1回あたりのリターンが大きくない上に支払い方法も限られているため前回よりも利用者は激減しているでしょう。

だからこそ今がチャンスかと思います。

利用者が少なければ少ないほどキャンペーン終了の5月末までに100億円が枯れる可能性が低くなります。

日常的に使いコツコツとキャッシュバックを受け続けていくのが上手な使い方ですね。

 

それと以前紹介しましたがPayPayやってない人と飲食した際にまとめて払わせてくれると相変わらずおいしい思いができますよ。

関連【Pay活】PayPayは居酒屋利用が激熱!20%バックのキャンペーン中は居酒屋へ急げ!!

 

一番多く使った店舗

やはり一番身近なファミリーマートですね。

朝ごはんとして会社に行く前におにぎりかパンをほぼ毎日買っているし、冷凍食品の「お母さん食堂」シリーズが一人暮らしの食卓にかなり重宝します。

小さくて一人分にはちょうどいいサイズだし種類も多い。

そのお手軽感とPayPay払いのお得感から食べる機会がめちゃくちゃ増えました。

今まではセブンイレブンばかりで買い物してましたが最近はもうファミマ大好きです。

 

それとサラリーマンのソウルフードである松屋も欠かせません。

お昼ご飯には嬉しい価格なのがさらに安く食べられます。

しかも最近オープンして話題のステーキ屋松でも使えるようです!これは行かねばですね!

 

まとめ

盛り上がりに欠ける100億円キャンペーンですが積み重ねれば効果は大きいです。

うまく使えば最大で5万円+やたら当たるくじ2万円の合計7万円が還元されることになります。

前回のように「10万円のパソコンがタダになった!!」みたいな派手さはありませんが普段の食事、買い物などで着実に溜まります。

また、日常的な買い物=生活必需品なので無駄な買い物ではない所もいいところですね。

 

今後も対応店舗は増えていくようです。

身近なお店ばかりなので今後ますます便利になっていくでしょう。

非常にお得な100億円キャンペーンを今後もひっそりほそぼそとお得に利用していきたいと思います。