【初心者向け】これから始めるドマ式麻雀【FF14】

【初心者向け】これから始めるドマ式麻雀【FF14】アイキャッチ

ドマ式麻雀については別記事で既存のFF14プレイヤー向けにまとめました。

 

本記事は「ファイナルファンタジー×麻雀」の組み合わせに興味を持った初心者へ向けての記事となります。

月額課金のオンラインゲームですが麻雀だけなら無料でも楽しめます。

その手順や基礎知識について「麻雀ゲームとして」の視点で解説します。

ゲームそのものも面白いので麻雀きっかけで参入者が増えれば一ファンとしても嬉しいです。

 

FF14とは

関連画像

誰もが知るタイトルであるファイナルファンタジーシリーズ。

そのナンバリング14番目の本作はオンライン専用のゲームです。

日本だけでなく全世界で展開しているのが特徴です。

 

ドマ式麻雀とは

「ドマ」というのはゲーム内での用語ですが早い話が日本で流通しているルールの麻雀のこと。

僕たち日本人にとっては馴染みが深い、いわゆる「普通の麻雀」となるので説明は不要でしょう。

 

段位やレーティングを採用している点は他の本格的なオンライン麻雀ゲームと同じですね。

ただ麻雀を打つだけでは面白くない、スコアを競い合いたいという方にも納得だと思います。

 

ちなみに日本の麻雀に馴染みのないアメリカでは、ドマ式麻雀実装直後に「mahjong rules」というワードがGoogle検索第2位にランクインしたようです。

すごい影響力ですね。

また、声優や麻雀プロも遊んでおりツイッターで発信している事も話題となっています。

 

FF14を始めるのに必要なもの

ハード

FF14はパソコン版PS4版がありますがクロスプラットフォームなのでどちらでも同じ空間で遊ぶことができます。

パソコン版に必要なスペックは以下の通りです。

 

もしどちらでもプレイが可能な状況であればパソコン版を強く推奨します。

グラフィックのきれいさや読み込みの速度などが段違いです。

 

ソフト

これから始めるのであればフリートライアル版から始めましょう。

ソフトも月額もどちらも無料でプレイが可能です。

一部機能に制限があったり対応しているのがレベル35のコンテンツまでとなりますがドマ式麻雀を遊ぶだけであれば問題ありません。

 

なおFF14は新生エオルゼア、蒼天のイシュガルド、紅蓮のリベレーター、漆黒のヴィランズから構成されています。

4種類のパッケージがありますが全て遊びたい場合に必要なのは1つです。

これですべて遊べます。

 

ドマ式麻雀で遊ぶまで

ゲームを初めてからすぐに麻雀が打てるわけではありません。

ある程度メインストーリーをすすめてゴールドソーサーという場所へ行けるようになってからですね。

具体的な場所はこちらをご参照ください。

 

たどり着くまでの所要時間は

  • だいたい普通にプレイをして数日~1週間。
  • ムービーをスキップして飛ばしながらで1日~数日。

といった所でしょうか。

昼間は仕事をして夜にゲームをするという生活スタイルを想定しての概算となります。

 

他の麻雀ゲームとは?

ドマ式麻雀の特徴についてご紹介します。

当然ですが操作性やグラフィックは天鳳やMJモバイルなどのオンライン麻雀ゲームに軍配が上がります。

麻雀ゲームとしての長い歴史があるから当然ですね。

 

ではFF14麻雀の魅力はと言うと「豊富なアバターとオンラインゲームならではのコミュニケーション機能」だと思っています。

 

まずキャラクターメイクだけでも組み合わせは膨大です。

ベースとなる種族に、形の違う各パーツ。

肌や髪の色なども細かく設定が可能なので完全に自分好みのオリジナルキャラクターが作成できます。

さらに装備品も種類が多彩な上、97色の中から好きな色に染色できる機能もついているので他人と外見が被ることはまずないでしょう。

ハンゲームなどでアバター遊びが好きだった方には特におすすめしたいポイントです。

 

また、オンラインゲームなのでチャットやエモート、フレンド機能など他のゲームに引けを取らないのは当然ですね。

このような麻雀以外の魅力がFF14での麻雀の楽しさだと思っています。

“ただ麻雀を打つだけ”なら他の麻雀ゲームで十分ですからね。

 

【まとめ】これからFF14をはじめるには

何はともあれまずはパッケージ代も月額費用もかからないフリートライアル版で遊んでみてはいかがでしょうか?

 

その後本格的にやりたい!となればパッケージを購入しましょう。

FF14は2年に1度の拡張パッケージ、4か月に1度の大型パッチ、その間に細かいアップデートパッチというスケジュールで運営されています。

ドマ式麻雀も進化し続けているのでこれからももっと遊びやすくなっていくでしょう。