おこづかい稼ぎ

【図解あり】趣味をお金に!SKIMAの特徴・相場・出品方法を解説

イラストを描くスキルがある方なら、一度は「お金になればいいな」と考えたことありますよね?

しかし「趣味でイラストを描いているだけなので人様からお金をもらうなんて・・・」と謙遜の声もよく聞きます。

そんなもやもやを抱えている方!イラストクリエイターに挑戦してみませんか!?

もし自分の作品にお金を払ってくれる人が現れたらそれはとても良い体験となることでしょう。

「趣味をお金に!」を実現できるSKIMAのサービス内容から実際の出品方法までご紹介します。

イラストオーダーマーケット「SKIMA」について


SKIMAはイラストを描いてほしい人とイラストのスキルを提供したいクリエイターを結びつけるコミッションサイトです。

自身の絵を描くスキルを提供するのでスキルシェアサービスとも言いますね。

SKIMAはスキルシェアサービスの中でもイラストに特化しています。

 

ほかのスキルシェアサービスと違うところは企業向けのロゴ制作やサイトのイラストではなく個人が利用するイラストのオーダーがメインとなります。

主なイラストの用途
  • SNS用アイコンやヘッダー
  • ブログ・サイト用ヘッダー
  • 小説の挿絵
  • ゲームの立ち絵
  • MMORPGの自キャラ

 

また、オーダー側だけでなく、イラストを提供するクリエイターも個人が多いです。

登録しているクリエイターは以下のような方が多いでしょう。

  • スキルを活かした副業をしたい
  • 絵を仕事にするために実績を作りたい
  • 実益を兼ねた趣味として絵を描きたい
  • 仕事として絵を描くことでスキルアップを図りたい

そのほとんどが専業のイラストレーターでは無く絵を描くのが好きな普通の方です。

副業解禁が歌われている今、自分のペースで特技を生かせるので副業として高い人気があります。

利用者は手軽な価格で依頼をしたい

ブログやSNSで使うアイコンのイラスト、ホームページやサークル活動に利用するロゴなどがほしいけれども自身には絵を描くスキルがないという個人が利用者です。

例えばこれからホームページやブログを立ち上げるとするとフリー素材ではない一点物のロゴやイラストが欲しくなりますね。

ですが専門のデザイン会社なんかに依頼すると費用が非常に高いです。

利用者は個人の方が大半なのでお手頃な金額でイラストを描いてくれる個人クリエイターがいればそこに需要が生まれるわけですね。

気になるイラストの相場は?

SKIMAでのイラスト相場
  • SNS用アイコン 3,000~5,000円
  • SNS用ヘッダーイラスト 4,000円~10,000円
  • 表紙・挿絵 7,000円~15,000円
  • ロゴ 3,000円~10,000円
  • 似顔絵 2,000円~4,000円

以上がおおまかな相場となっています。

もちろんのこと価格や提供する条件は自由に行えます。

本職がイラストレーターのプロの方などはアイコン作成でも1~2万ほどだったりするし、あまり絵に自信がないんだろうなという方は1,000円くらいでオーダーを受け付けています。

価格だけでなく、描くのは1枚だけなのか、複数枚なのか、表情差分もつけるのかなど提供する内容も自身で決めることができます。

他のクリエイターさんがどれくらいの価格で依頼を受けているかは公式サイトで実際に確認してみるのがいいでしょう。

イラストオーダーの出品方法

新規登録

SKIMA登録画面

まずはSKIMA公式サイトから登録を行ってください。

※「SKIMAへ新規登録」をタップorクリック

  • メールアドレス
  • Facebook
  • Twitter
  • Google
  • LINE

以上の中から好きな方法で登録ができます。

なお、メールアドレス以外を選んだとしてもメールアドレスの登録は必須となります。

登録したメールアドレスに本登録用のURLが送られてくるので、そのURLを開き登録フォームに名前などの基本情報を入力して登録完了となります。

 

登録を行うだけで300ポイント(300円分)を貰えるのでありがたいですね。

新規登録で300ポイントプレゼント!

SKIMA公式サイト

電話番号認証

まずはメインメニューより「出品する」を選択します。

すると電話番号認証を求められます。

指定の携帯電話番号へSMSで送られてきた認証番号を入力を行えば出品の準備はOKです。

カテゴリ選択

SKIMAカテゴリ画面

まずは自分が提供する商品カテゴリを設定しましょう。

大カテゴリの中に更に細分化されています。

カテゴリの例

ここに本文を入力

  • 似顔絵
  • SNSアイコン
  • ヘッダーイラスト
  • ゲーム&TRPGイラスト
  • 表紙&挿絵
  • スタンプ
  • バナー/ロゴ/チラシデザイン

商品説明

SKIMA商品説明画面

カテゴリが決まったら詳細の入力を行います。

内容や説明と言われてもピンとこないかも知れませんね?

よくある説明文で書かれている内容としては以下のようなものがあります。

  • サイズやファイル形式
  • 版権orオリジナル絵
  • 顔アップorバストアップor全身など
  • NGな依頼内容(暴力的・性的描写など)

自分の商品の説明って意外と難しいものです。

どのような情報を載せればいいか頭を悩ませることでしょう。

はじめは他のクリエイターさんの説明文を実際に見て参考にすることをおすすめします。

作品を見てみる

依頼が来たら希望イラストについて相談

要望ややり方は人により千差万別なのでここが一番難しいかもしれないですね。

僕がオーダーする側として利用したときは

  1. こちらがざっくりと絵の要望を伝える
  2. 描いたラフを見せてもらいながら微調整
  3. ペン入れしたものを差分で何枚か見せてもらい選択
  4. 仕上げ

といった感じで進めました。

オーダーする側は絵が描けないし用語もよくわかりません。

美容院で「今日はどうしますか?」と聞かれたときにうまくオーダーできないのと同じです。

イメージを正確に伝えるのは難しいので途中途中でしっかりと確認しながら進めていくのが良いかと思います。

まとめ

趣味で絵を描いてる方は「ガッツリ副業としてお金を稼ぐぞー!」というよりは次のステップへの経験や腕試しだと思って挑戦してみるのがいいでしょう。

お金の対価として絵を描くのに不安はあると思いますが、正直初めてすぐに依頼が大量に来ていっぱいいっぱいになるなんて事は無いでしょう。

クリエイターさんの数は膨大ですからね。

 

ですが必ず世の中には自分の絵を気に入ってお金を払ってでも依頼をしたいという人はいるはず。

せっかくスキルがあるのなら活かさないのはもったいないと思います。

依頼としてイラストを描くことにより更なるスキルアップに繋がるし、おこづかい程度でも稼げるようになれば自分の絵に自信が付くことは間違いありません!

実益を兼ねた趣味としてクリエイター登録してみてはいかがでしょうか?

SKIMAのクリエイター登録はこちらから