かなり厳しい!?仮想通貨取引所のセルフバック報酬のその理由

仮想通貨

金融系のセルフバック(自己アフィリエイト)は報酬が高額なことが多いで仮想通貨取引所の案件も調べてみましたがあまりおいしくはありませんでした。

しかし全く何もないよりはマシ。

セルフバックを利用して仮想通貨取引所の口座開設を行おうと思っている方は参考にしてください。

セルフバックとは?

以下A8.netより引用

セルフバックとは、ご自身が広告主の商品を購入したり、サービスにお申込みをすると、成果報酬を受取ることができる、
メディア会員限定のお得なサービス
です。アフィリエイト作業(提携・広告掲載)不要で報酬をGETできます。

自己アフィリエイトとも言いますね。

自身での申し込みで報酬を受け取ることができます。

詳しくは過去記事を参照してください。

bitFlyer

報酬 5,000円

セルフバック対応ASP A8.net

金額そのものは安くないのですが条件が厳しいです。

条件

60日以内の取引及びLightning FXにて100万円以上の取引(レバレッジ取引含む)

※取引総額ではなく、1回で指定額以上の取引が必要

少額取引を繰り返して条件達成ができません。

現在、国内の仮想通貨取引のレバレッジは上限が4倍なので100万円の取引を行うためには最低25万円の元手が必要となってきます。

元々それくらいの単位での取引を行うつもりならいいですが、わざわざ報酬のためだけに取引を行うのはリスクが大きいです。

 

DMM Bitcoin

報酬 2,000円

セルフバック対応ASP A8.netアクセストレード

 

報酬金額は安いですが、条件が登録後90日以内に取引を行うことだけなので簡単です。

金額の指定が無いのでとにかく1回でも取引を行えば報酬がもらえます。

 

GMOコイン

報酬 1,000円

セルフバック対応ASP A8.net

こちらも成果条件が登録後45日以内にDMM Bitcoin同様に1回でも取引を行うこと。

 

まとめ

報酬額や条件が厳しいので報酬目的でのセルフバックはおすすめできません。

なおZaif、コインチェック、ビットバンク、Liquidなどの他の有名な国内取引所の取り扱いは無いようです。

 

もし高額な報酬をもらって取引を行いたいということであればビットコインFXではなく為替FXをおすすめします。

報酬が高額なFX案件については別記事にまとめてあるのでこちらをご覧ください。

 

さいごに余談として仮想通貨業界のアフィリエイト報酬の話をしたいと思います。

為替FX業者に比べて仮想通貨取引所の報酬が安く、数も少ないのは業界の自主規制を行っているのが理由です。

具体的にはほとんどの取引所運営会社が所属している日本仮想通貨交換業協会という団体の「勧誘及び広告等に関する規則・ガイドライン」にて定められています。

この中に過度に射幸心を煽るような広告はしてはいけないというルールがあるんですね。

また、アフィリエイターがそのような広告を出さないように過度なインセンティブを与えてはいけないというルールもあります。

これらの規制によって現在の仮想通貨業界のアフィエイト報酬は控えめとなっています。

 

自主規制のルールがなかった2017年のバブル期には各社高額な報酬を用意し、アフィリエイター達はこぞって取引所を紹介していました。

仮想通貨が一般のニュースでも話題に上がるようになった2017年4月ごろは大体みんなコインチェックを勧めていましたね。

理由はコインチェックのアフィリエイト報酬が群を抜いて高かったからです。

日本での個人を中心とした仮想通貨ブームはこの報酬が大きな要因になっていたことは間違いありませんね。

 

今後の市場や規制の解釈によって変わってくるでしょうが、まだしばらくはパッとしない報酬が続きそうだと予想します。

 

セルフバック(自己アフィリエイト)をはじめるには

ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)は本来ブログやメディアの運営者向けです。

が、A8.netであれば何ももっていない状態からでも始められるのでこれから始める初心者にも非常におすすめです。

A8.netの申し込みページはこちら

セルフバック(自己アフィリエイト)が可能な他ASP

スポンサーリンク