“ほぼほぼ”確定申告の必要は無し!セルフバック報酬の税金について解説!

2020-05-19TAX

ほぼ確定申告の必要は無し!セルフバック報酬の納税についてアイキャッチ

誰でも簡単に稼ぐことができるセルフバック(自己アフィリエイト)。

しかしお金を稼ぐと税金について不安になりますよね?

本業がサラリーマンだと税金関係のことは全部会社がやってくれるのでよくわからないという方が大多数でしょう。

 

本記事では「サラリーマンをしつつ(給与所得を得つつ)セルフバックでおこづかいを稼いでいる方」が対象となります。

結論から申し上げると

セルフバックのみを利用している方であれば確定申告を行わなければならないケースはかなり稀なのでご安心ください。

通常のアフィリエイト報酬とは異なりますので。

その条件などを詳しく解説します。

年間50万円を超えると確定申告の必要がある。

1 一時所得とは

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。
この所得には、次のようなものがあります。

  1. (1) 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)
  2. (2) 競馬や競輪の払戻金
  3. (3) 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。)や損害保険の満期返戻金等
  4. (4) 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除きます。)
  5. (5) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

国税庁タックスアンサーより引用

セルフバック報酬は(4)の法人から寄与された金品にあたるので一時所得だとされています。

そして、一時所得には年間50万円の控除枠があるので納税を行う必要があるのは50万円を超えた場合となります。

 

所得とは「収入から経費を引いた額」のことです。

例えば1,000円の商品に対して1,000円の報酬がもらえるような報酬100%の案件では、報酬として1,000円を得ているが経費で1,000円を使っていますね。

なので、1,000円の所得とはなりません。

クレジットカードの申込や口座開設のような場合だと経費が掛からないのでまるまる所得となります。

セルフバック報酬の相場を考えると年間で50万円を超えるケースはなかなか考えられません。

一時所得として納税した方はほとんどいないのではないでしょうか?

 

通常のアフィリエイト収入は年間20万円以上で申告の必要あり

セルフバック報酬とは別に、ASPから支払われるアフィリエイトの報酬は雑所得となります。

雑所得だと年間20万円以上で確定申告を行わなければなりません。

(2) 給与を1か所から受けていて、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える

国税庁より引用

ブログ運営でアフィリエイト収入も得ているという方は別記事ご参考にしてください。

 

不安な方は管轄の税務署に確認を

一般論として一時所得だとは言われていますが、セルフバック報酬が一時所得の要件にあてはまるかどうかというのは管轄の税務署が判断を下すことになります。

不安であればどういう経緯で得たお金なのかを話して税務署の判断に従うのが良いです。

FXの口座開設案件だと一定額の入金や取引が条件となっているケースがほとんどであり、条件付きの場合だと雑所得になるという判断もありえるようです。

 

まぁ雑所得だとしてもセルフバックだけで年間20万円以上稼ぐのは難しいのであまり心配しなくても良いのでしょうが。

 

報酬と一緒に支払われる消費税について

報酬には消費税が上乗せして支払われます。

「消費税を受け取ったけれどどうしたらいいの?」と初めは戸惑うかと思いますが、特に何もする必要はありません。

本来受け取った消費税は納税しなければならないのですが年商1,000万円以下の方は納税の義務はありません。

消費税では、その課税期間に係る基準期間における課税売上高が1,000万円以下の事業者は、納税の義務が免除されます(注1)。

国税庁タックスアンサーより引用

 

おこづかい稼ぎでセルフバックを利用している程度の金額だと特に気にしなくても大丈夫です。

 

きちんと収入の管理を行いたいという方

セルフバックだけでなく他にアフィリエイト収入があるのならきちんと帳簿は作っておくべきです。

「アフィリエイトはやってるけど年間20万円にも満たないし・・・」

と思っていても急に伸びたりもするので。

 

何か月分もため込んでから帳簿記入を行うのはおすすすめできません(経験あり)。

早めにその都度記帳しておくのが良いでしょう。

 

得た報酬の管理などはやよいの白色申告オンラインがおすすめです。

  • 無料で利用できる
  • 操作が簡単
  • 収益も把握できる

と、いいとこづくめです。

なお、確定申告には白色申告と青色申告があり、サラリーマンの副業であれば白色申告を行うことになります。

※青色申告を行うためには開業届を出す必要がある。

 

確定申告をしなかったとしても、複数のASPを使っている場合などはやよいの白色申告オンラインで一括管理すると物凄く楽ですよ。

ソフト上で収益なども一目で確認可能です。

 

アフィリエイト用の帳簿のつけ方も記事でまとめています。

会計ソフトをまだ使っていない方は是非試してみてください。

【やよいシリーズ】ASP・Googleアドセンスなどの帳簿の付け方メモ

 

まとめ

「セルフバックは便利だけどちょっとしたおこづかい稼ぎ程度で確定申告は面倒だな・・・」

と、心配している方はご安心ください。

50万円までであれば面倒臭い納税の手続きは必要ありません。

セルフバックだけの利用であれば、ほぼほぼ納税の機会が訪れることは無いでしょう。

 

金銭管理が不安な方は無料で使えるやよいの白色申告オンラインを使ってみて下さい。

簡単な操作で専門知識が無くても簿記を行うことができます。

もし確定申告が必要になった場合でもソフト上で必要書類の作成を自動で行うことができます。

確定申告が不要な場合でも純粋に収支を管理するための経理ソフトとして使えるのでおすすめです。