イオンの株主優待をさらにお得に利用する方法と注意点

年間100万円までの買い物額の3%がキャッシュバックされるお得なイオンの株主優待。

実はキャッシュバックを受けるためには支払いに条件があるんです。

そして注意点だけでなく更にお得に還元も可能なるので本記事では支払い方法に特化してお伝えします。

キャッシュバック対象の支払い方法

レジにてオーナーズカードをお会計前にご提示いただき、現金又は、WAON(イオンの電子マネー)、イオンマークのカードによるクレジット払い、イオン商品券、イオンギフトカードでお支払いください。消費税を含むお支払金額合計がご返金の対象になります。

公式サイトから引用

 

どんな支払方法でもキャッシュバックを受けられるわけではないんですね。

現金払いの方は何も気にすることありませんが、普段イオンカード以外のクレジットカードや電子マネーでの支払いをしている場合は気を付けましょう!

 

そこでおすすめしたいのがイオンカード(WAON一体型)です。

キャッシュバックを受けつつWAONポイントもたまるのでダブルでお得です。

持っていない方は株主優待を機に作ってみてはいかがでしょうか?

 

僕は今まで交通系の電子マネー、QuickPayで支払いをしていましたがキャッシュバック用に作りました。

毎日買い物しているのであって損は無いですね。

それに新規でカードを作るとポイントバックなどの特典もあるので嬉しい限りです。


イオンカードセレクトで最大9%還元

  • クレジットカード(イオンカード)
  • キャッシュカード(イオン銀行)
  • 電子マネー(WAON)

これらが1枚になったのが入会費・年会費無料のイオンカードセレクトです。


こんなカードですね。

 

このイオンカードでWAONへのオートチャージ&WAON支払いを行えばさらに1%の還元があります。

 

つまり・・・・

株主優待3%+イオンカードセレクト1%で合計4%還元

そして毎月20日、30日のお客様感謝デーでの5%割引を合わせると最大で9%が還元されることになります。

かなりお得ですね!

こうなるともう普通に買い物するのがバカらしく思えてきますね。

 

まとめ

株主優待を受けるためには支払い方法に条件があります。

現在イオンカード以外のカード決済をしている方は注意が必要です。

イオンカードセレクトでの決済ならさらに還元&WAONポイントもついて断然お得!

 

特に現金を使っている方には強くお勧めします。

カードだと還元があるが、現金だと還元どころかATMの手数料などでマイナスですからね。

2019年の消費税増税時、キャッシュレス決済には増税した2%分の還元の案が出ています。

キャッシュレス決済についてはこちら

 

優待でお得に買い物をしたいのならとことんやりましょう。

それに毎日の支払いがタッチ&オートチャージなのはすごく楽という点でもおすすめです!