みんなご祝儀に不満!? 3万円と結婚式の歴史

雑記

結婚式の祝儀の相場は3万円とされていますがこれ何故でしょう?

ふと気になり検索してみたら皆さん相当祝儀について不満があるようですね。

 

 

まぁ僕もそろそろ消えた方がいい風習だと思うんですよね。

いろんなサイトで語られる結婚式関連のトラブルってご祝儀などの金銭トラブルばかりじゃないですか。

原因はやはりご祝儀相場の高さだと思うんですよね。

祝儀3万円+遠方であれば交通費や宿泊費もかかるし、時間もとられるわけですから。

よっぽど仲のいい人相手じゃないと無理ですよ。

 

誰もが3万円って高いなーと思っていると思うんですけど、なんでこうもみんな苦しい思いをしてるのでしょうか?

気になったのでいろいろ調べてみました。

 

3万円が相場となったのはバブル期

俗習の話なのできちんとした資料は残っていませんが「結婚祝儀=3万円」はやはりバブル期の名残のようです。

そしていつからご祝儀という習慣ができたのか?

結婚式の歴史についても調べてみました。

 

江戸時代~明治時代は新郎宅で婚礼の儀式(道具入れ・嫁入り・祝言)を行っていました。

その後に天皇家が行った神前式が一般に広まり結婚式の概念が日本で広まったそうです。

第二次世界大戦頃までは自宅で行うのが主流だったようで当時は現金でなくお祝いの料理なんかを持ち寄っていたようです。

戦後からホテルなど自宅以外の場所で式を行う文化が増えました。

地方と違って都市部ではその土地ならではの婚姻文化が残っていないのですが、これは空襲による住宅事情などもあり集会所や公民館、料亭、ホテルで結婚式を行うようになった為です。

 

そして高度経済成長期あたりからホテルでの挙式が一般的になりました。

ホテルでの式ではこれまでのように料理を持ち込む必要性がなくなったため現金を祝儀として持ち寄るようになったようです。

当時は5,000円程度とは言われていますが真相は定かではありません。

その後、物価や賃金の上昇と共にご祝儀相場も上昇していったがバブル崩壊時に3万円で頭打ちとなり今に至るようです。

 

ちなみに僕の親に聞いてみたところ、親が20代だったバブル前は2万円が相場だったようです。

 

やはり古き悪しき風習だった

30年も前の相場が未だに姿を変えずに残っているんですね。

その時代ごとの経済状況により変化してきた祝儀ですが、30年も経つのに現在は変わらないんですね。

昔と今とでは経済状況が全然違いますよね。

非正規労働者も増えて平均賃金は下がるどころか社会保険料などの負担は増してるわけですから。

 

未婚率による不公平感

年齢別未婚率の推移のグラフ(男性)

年齢別未婚率の推移のグラフ(女性)

出典 内閣府

図の通り年々未婚率は増加しています。

 

図表1-1-2  生涯未婚率の推移

※出典 厚生労働省

 

ほとんど全員が結婚していた見合婚が主流だったころならいいんですよ。

払った祝儀はいずれ戻ってきますからね。

 

けど結婚しない人も増えている現代において未婚者はただ金を払うだけですよね?

その不公平感が祝儀への不満につながっていることは間違いないと思います。

 

ご祝儀3万円の根拠は?

基本的には、ご祝儀が相場より少なくならないようにするのがマナーです。結婚式というのは、非常にお金がかかるものです。友人の相場が30,000円となっています。

 

結婚式の食事や引出物などの相場を確認すると、出席者1人あたり25,600円となっています。

言うまでもありませんが、上記の費用相場を下回れば、新郎新婦側に負担をかけてしまうのです。

などと結婚式のマナー系サイトに記載がありますがそれじゃもう参加費でしょう!

それならもう会費制でいいじゃんってなりますよね。

祝儀は本来「払う」ものではなく「贈る」ものですよ!!

 

それに気持ちだって相手によっても変わるじゃないですか。

長い付き合いだったりめちゃくちゃ世話になった人なら納得だけど、勤務時間以外では関わることもないような同僚への気持ちなんてせいぜい昼飯1食分が関の山ですよ!

 

なので僕はよほど付き合いがある人以外の結婚式はすべて断っています。

が、やっぱり若干の気まずさは残ります。

断って気まずさを感じないといけないのもまた理不尽ですよね・・・

 

3万円も祝儀を包みたくない!という方へ

とりあえず2万円を包んでみてはいかがでしょうか?

偶数で割り切れる数は縁起が悪いという説もあります。

けれど結婚式のマナーを取り扱ってるサイトを見ると近年では2万円は「夫婦、ペア」などのとらえ方が出来るらしいです。

 

結局マナーなんてそんなものです。

 

時代と共に変わって過去の常識が非常識にもなるし逆もまた然りです。

先述した通りうちの親世代は(少なくともうちの親は)2万円でずっと支払っていたようですから。

 

それにご祝儀の歴史は60年くらい、3万円ってのも30年程度の浅いものですからね!!

 

結婚式だって今はスマ婚なんてのもあるので結婚式の費用も祝儀も少なくなって当然だと思います。

色々考えるとさすがに時代錯誤感が否めませんね。

 

嫌々3万円ねん出するよりも堂々と2万円出してみてはいかがでしょうか?

そして受け取る側も時代は変わったと認識して3万円でなければ非常識なんて考えはやめてみてはいかがでしょう?