嫁や夫には内緒のおこづかい!自己アフィリでこっそり現金錬成術

セルフバック

新生銀行が毎年行っている「サラリーマンのお小遣い調査」によると2018年の男性会社員のお小遣いの平均は39,836円だそうです。

 

新生銀行の調査結果はこちら

http://www.shinseibank.com/corporate/news/pdf/pdf2018/180628okozukai_j.pdf

 

ただしこの調査結果は未婚者も含む数値なので、既婚者のみだと30,000~35,000円くらいとなります。

このおこづかいの中には昼食代も含まれているので既婚男性のお財布事情はかなり厳しいですね!

 

「もっとおこづかいがほしい!けど普通に稼ぐと家計に吸収されてしまう!」という既婚者へ自己アフィリ(セルフバック)でのおこづかい稼ぎを伝授します。

 

自己アフィリ(セルフバック)とは?

何度かオススメしているこの手法。

 

本来他人に勧めて申込に至ったらもらえるアフィリエイト報酬(広告報酬)が、自身での申し込みでも可能といったもの。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)という広告の仲介業者のようなところに登録すれば利用が可能です。

審査などはなく誰でも簡単に登録可能なA8.netを僕は勧めています。


クレジットカードへの申込がおすすめ

会社勤めであればカード審査を通すのは容易です。

また、クレジットカードは金銭的メリットも多く合理性が高いので家族の理解も得られやすいです。

という事で嫁・夫を説得しやすいポイントをいくつか並べていきましょう。

 

1枚作ると大体数千円~1万円以上の報酬が発生します。

 

店舗と提携したカードで推す

日常的に利用している店舗と提携しているカードは優遇があるのでかなり説得力があります。

また種類も非常に豊富です。

ショッピング系だとマルイのエポスカード、パルコカード、ルミネカード、ロフトカード、MIJIカードなど。

家族がよく使うところだと提案しやすいかと思います。

 

更に身近なのが毎日の買い物をするスーパーのカードですね。

イオン系列ではイオンカード、SEIYUではウォルマートカードがあります。

スーパーでの買い物は使用頻度が高いのでお得感も高いかと思います。

 

スーツを着る仕事をしてるのであればAOYAMAカードもおすすめです。

洋服の青山での利用時に5%オフとなるのでスーツ、ワイシャツ、ネクタイ、靴、バッグの買い替え時にはありがたいでしょう。

スーツはそこそこ高価な上に仕事以外だとほとんど使わない納得しがたい支出なので、安く抑えられるならかなりありがたいですよね!

 

ポイント還元率を推す

自己アフィリ報酬が高いカードを見つけたら現在使っているカードの還元率と比べてみましょう。

まぁそんなに大きく変わることは無いかと思いますが少しでも高いのであれば

「ポイントバックがいっぱいつくカード見つけたから切り替えない?」

と相談してみてはどうでしょうか!

 

入会特典のキャッシュバック(ポイントバック)で推す

多くのクレジットカードには入会時に特典がついてますよね。

例えばファミマTカード、やワイジェイカードだとTポイントが付いてきます。

このポイントバックが結構大きくて申込&利用で1万円近くもらえます。

「ポイントバックあるから家計の足しにしようよ」

と言えばきっと奥さん・旦那さんもOKなはず!!

 

それにしれっと作って自己アフィリ報酬とポイントの両取りできれば最高においしいですね!

 

④交通系電子マネー一体型カードで推す

Suica一体型のビューカード

 

デメリットは特になし

報酬が発生してから実際に振り込まれるまでにある程度時間がかかります。

約2か月くらいですね。

A8.netの振込日は月に一度なのでいつでも自由にもらえるわけでは無いんですよね。

まぁ普通にカード作ったら発生しないお金なのでそこは目をつぶりましょう!

 

注意点とすれば4~5枚以上一気に作ると審査落ちしてしまうことがあります。

この注意点もまとめているのでどうぞ。

クレジット・キャッシング・カードローンでAPSのセルフバックを利用する際の注意点

 

まとめ

もし家庭で新たにカードを作る機会があれば積極的に活用していきたいこの制度。

アフィリエイト報酬は企業の広告なので、直接申込すれば発生しないし比較サイトなどから飛べばその比較サイトへ報酬が支払われる。

なら自分でその報酬をいただいたほうがいいですよね?

 

僕はクレカだけで3万円以上、その他のセルフバックも合わせると5万円以上稼いでいます。

 

欲しいものがあるけどおこづかいが少なくてツライ!という方はぜひ活用してみてくださいね。

A8.netの申し込みページはこちら