【FF14】ドマ式麻雀ルール・設定・報酬等まとめ

2019-07-10

FF14ドマ式麻雀アイキャッチ

2019年1月8日、パッチ4.xシリーズ最後であるパッチ4.5「英雄への鎮魂歌」にてドマ式麻雀が実装!

FF14で麻雀を遊ぶための情報をまとめます。

 

これからFF14をはじめたい!という方はまずこちらのご覧ください。

 

ドマ式麻雀とは

ドマ式という名称ですが実際はよくある日本式の麻雀です。

レーティングシステムを採用しており、プレイヤー同士での対戦ではレートが変動します。

レートは1500スタートなのでよくある麻雀ゲームと同様のシステムでしょう。

報酬として一定レートを超えるとアチーブメントがもらえます。

 

クエスト開放~プレイまで

クエスト開放方法
  • 前提条件 ゴールドソーサーの開放が出来ていること(Lv15)
  • 必要レベル すべてのクラス/ジョブ レベル15
  • 場所 ゴールドソーサー (X:4.8 Y:6.1)レウェナ
  • NPC名 レウェナ

開放までの道のりは以上です。

Lv15からプレイが可能なので初心者でもすぐに楽しむことが可能です。

 

対NPC戦

ゴールドソーサー (X:7.2 Y:7.7) 付近の麻雀卓から対戦可能

難易度は初級、中級、上級の3種類。

いつでも途中終了が可能でコンテンツファインダー申請中でも対戦可能なのでCFのシャキ待ちの暇つぶしに使えます。

 

対プレイヤー戦

  • 一般卓(段位変動有り)
  • 有段卓(段位変動有り)
  • 4人セット卓(クイタン有り)
  • 4人セット卓(クイタン無し)

コンテンツファインダーより以上の4種類で対戦が可能です。

段位変動ありの卓はソロ限定となります。

一定レートを超えるとアチーブメントと共に称号とオーケストリオン譜がもらえます。

報酬の称号と獲得方法
アチーブメント名 必要レート 報酬
月下の雀士:ランク1 1600 オーケストリオン譜:当方遊戯
月下の雀士:ランク2 1800 称号 Mahjong Enthusiast
月下の雀士:ランク3 2000 称号 Mahjong Master

 

一般卓(段位変動有り)のポイント変動

着順 ポイント変動
トップ +30pt
2位 +15pt
3位 ±0
ラス -10pt(3級までは減算なし)

有段卓(段位変動有り)のポイント変動

着順 ポイント変動
トップ +60pt
2位 +15pt
3位  ±0
ラス -30pt(段位が上がるほど増加)

 

対局中のちょっとしたテクニック

チャット欄にエモートをコマンド入力することで対局中にエモートが使えます。

そして他プレイヤーをターゲットすることもできるので、任意の相手にエモートを飛ばすことが可能です。

勝負事なので野良CFでやるとトラブルになる可能性がありますが身内対戦なら楽しいですね!

ルール

  • 東南戦(半荘戦)
  • 25000点持ち
  • ウマ、オカは無い(順位戦)
  • 喰いタンあり、後付けあり
  • ダブロンあり(積み棒、供託は上家取り)
  • 親のダブロン時、和がった子が上家の場合でも親の連荘となる
  • 三家和、九種九牌、四風連打、四家立直、四槓散了は途中流局(途中流局はすべて局継続扱い)
  • ハコテンはゲーム終了
  • テンパイ連荘
  • 一本場300点
  • 1000点未満&ツモの無いリーチは不可
  • 赤ドラは各5に1枚ずつ
  • チップは無し
  • 4翻30符は7700点、11600点
  • 持ち時間は一般卓が15秒、有段卓が10秒
  • 食い替え不可

役関連

  • 四槓子はカン4つした状態での和了で成立
  • 人和は無い
  • 九連宝燈は純正でなくても成立
  • 大車輪、紅孔雀などのいわゆるローカル役は無し
  • 大三元、大四喜のパオあり

ドラの表示方法に気を付けること

ドラの表示の仕方が独特です。

表示されている牌はドラ表示牌ではなくドラ牌なので注意しましょう!

 

なおこのドラはただの表示機能となります。

なのでドラやドラ表示牌が1枚使われている=山にないという事ではありません。

ドマ式麻雀ドラ表示牌画像

 

ドマ式麻雀のここがすごい!

無料でプレイ可能

FF14自体は月額課金制のゲームですが、フリートライアルが用意されています。

そしてそのフリートライアルはレベル35までなんですね。

つまりレベル15で開放可能なドマ式麻雀はフリートライアル期間でプレイが可能となるわけです。

 

クロスプラットフォーム

FF14はPC版(Windows版、Mac版)とPS4版が発売されています。

そのどちらで遊んだとしても同一ワールドでのプレイが可能です。

つまりパソコン、PS4という異なるプラットフォーム間でドマ式麻雀の対戦を楽しめるわけですね。

クロスプラットフォーム麻雀はFF14が初となります!(吉田P曰く)

 

iPhoneやiPadでもプレイが可能

2019/3/7のPS4アップデートによりiPhoneやiPadでリモートプレイができるようになりました。

モニターの前にいなくても寝転がりながらなど、好きな体制できるので長時間プレイがしやすくなりましたね。

これは非常にありがたいです。

超初心者向けのガイド機能

  • どの牌を切ったらいいか、鳴いた方が良いのか悪いのかのヒントを与える機能。
  • 危険牌を教えてくれる機能。
  • 牌の読み方を教えてくれる機能。

といった初心者向けの機能がついています(もちろん消すことも可能)。

あくまでMMORPGのミニゲームなので、麻雀のルールがわからない人でも周りのプレイヤーに教えてもらいながら楽しめる環境が用意されています。

 

オリジナルのドマ式麻雀牌(通常牌へ変更可能)

ドマ式麻雀牌

麻雀牌の絵柄がFFの世界観を盛り込んだオリジナルのデザインとなっています。

一索がサボテンダーになっていたりピンズがナマズオになっていたり可愛いですね。

萬子が漢数字ではなくアラビア数字なのは世界展開しているゲームだからでしょう。

通常牌への変更方法

「古式麻雀牌」を選択すると通常の麻雀牌のデザインに変更も可能です。

古式麻雀牌

「メインコマンド」→「マイキャラクター」→「ゴールドソーサー」→「MAHJONG」→「各種設定」から変更ができます。

 

プロ雀士も参戦

麻雀のプロ団体に所属する競技プロのヒカセンも参戦しているようなのでご紹介します。

 

 

  • 近藤千雄プロ(@donnyoku
  • 所属:日本プロ麻雀協会

※もし他にもやってるプロを知っていたら教えて下さい。

 

人気声優も参戦

麻雀好きで知られる声優の植田佳奈さんも参戦。

ドマ式麻雀だけでなくFF14全般でツイートしており、かなりハマっているようです。

 

まとめ

MMORPGのミニゲームとしては異様に気合が入っているドマ式麻雀。

レーティング上位を目指してガチでやるのも良し。

コミュニケーションツールとして仲間内で楽しむのも良し。

また、FF14はキャラクタークリエイトやおしゃれな装備品も豊富なのでおそらく世界一アバターの数の多い麻雀ゲームにもなるでしょう。

 

おまけ~麻雀上達のために

オススメの書籍はネット麻雀で収集した膨大なデータを基に書かれた科学する麻雀(著・とつげき東北)です。

「流れ」などといったオカルトは一切なしの数理的・統計的な考察に基づく麻雀戦術論はネット麻雀において非常に参考になります。