【体験談】給与口座の指定を拒否するのは違法!?拒否する会社に変更を認めさせた話

お給料を受け取る口座はどうしていますか?

自分の指定した口座を設定できる会社であればそれは普通の対応です。

ですが会社から口座を強制的に指定されている場合は違法とされています。

 

振込口座を指定するのは労働者の真っ当な権利ですが、僕の勤務先ではめちゃくちゃな理論を振り回し労働者側に泣き寝入りさせるような対応でした。

法律トラブルの投稿サイトなどを見ていると同じような会社はある程度ありそうです。

今回は給与振込の基礎知識と実際に会社と行った交渉の内容をまとめます。

賃金支払い5原則

  1. 通貨支払いの原則
  2. 直接払いの原則
  3. 全額払いの原則
  4. 毎月1回以上の原則
  5. 一定期日払いの原則

これは労働基準法第24条で定められており原文は以下です。

24  

賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない。ただし、臨時に支払われる賃金、賞与その他これに準ずるもので厚生労働省令で定める賃金(第89条において「臨時の賃金等」という。)については、この限りでない。

この5原則のうち給与支払口座の件は「通貨支払いの原則」に該当します。

 

通貨支払いの原則とは

労働者への賃金支払いは原則として通貨でなければなりません。

この通貨というのは日本円のいわゆる現金の事を指しますが、利便性を考慮し銀行振込での支払いが例外として認められています(労基法施行規則第7条の2第1項第1号)

 

現代では当たり前のように銀行振込で給料を受け取っていますが、労働基準法上だと例外的な措置なんですね。

そしてその例外が認められる条件として労働者が同意していることが大前提となります。

また、取り扱いを行う金融機関は一行だけにせず労働者の便宜に配慮するよう定められています。(H10/9/10基発530号、H13/2/2基発54号)

※基発とは厚生労働省労働基局長による通達のこと

 

よって自身の望む口座で給料を受け取るのは労働者の当然の権利と言えます。

 

実際に行ったやり取りと交渉

僕の勤務先では入社時に指定の金融機関で口座を作らせています。

当時は銀行にこだわりがなかったため口座を作り給与受取口座とすることを同意しました。

最近になりメインで使用するクレジットカードを変えたため、それに伴いメインバンクを変えたんですね。

それで受取口座変更の申請を行ったところ人事の担当者から内線がありました。

 

人事担当とのやり取り

人事 変更の理由ってなんでしょうか?プライベートな理由ですか?

  プライベートな理由です(それ以外あり得ないだろ)

人事 プライベートな理由な場合は原則認められないんですよね。

  原則ってことは認めることもあるんですよね?

人事 はい。どうしても変更が必要になるような重要な理由がある場合は認めています。どういう事情でしょうか?理由をうかがえれば検討します。

  どういうケースに認めているのか?基準を教えてください。

人事 明確な基準はなく聞いてから判断している。

  なら理由についてはお断りします。明確な基準がないってことは一担当者の主観で重要か瑣末か判断してるってことですよね?そのような規定は見たことないので根拠を示してください。

人事 少々お待ちください。

 

と、ここまで話をしたところで人事担当に電話を切られました。

そして後日人事の役職から直接会議室に呼び出されて話をすることに。

たかが給与口座の指定くらいで何故か大事なりましたね。

ただそれでもいいように言いくるめられるのは嫌だったので意地でも認めさせるよう交渉に臨みました。

トラブルの交渉時は後々揉めないように録音を忘れないようにしましょう!

スマホアプリで簡単に録音できますので。

 

人事の役職とのやり取り

  先日人事の担当に口座変更を拒否られたけど何故ですか?

役職 今は理由を聞いている段階であり申請を却下したわけではありません。

  理由は「プライベートな事情のため」です。

役職 それでは受け付けられません。具体的な理由が必要になります。

  有給が理由を必要としないのと同じで受取口座の変更も理由なく当然認められる権利だと思うのですが間違えていますか?

役職 拒否しているわけではなく理由を聞かないと手続きを進めることができないということです。

  あなたたちの主観で重要か瑣末か判断されることが納得いかないんですよ。それに賃金規程を見ても会社指定の口座でないと支払えないとは書いていませんよね。

役職 口座凍結や近くに銀行が無いなど、生活ができないほどの支障がある場合に対応するために規定には書いてないし、もちろんそういったケースであれば変更を認めます。

  そこまでの事情がないと拒否するという事でいいですか?

役職 拒否はしていないが理由を聞きたいんです。

  その拒否は違法性だと思っているがそちらは違うという認識でしょうか。

役職 入社時に今の口座への振込は同意しているので問題はない。

  こっちは同意した口座への支払い拒否しているわけではなく別口座への変更を申し出ています。理由を述べるつもりはないので却下するならしたらいいし通すなら通すって判断を勝手にしてください。

役職 わかりました。では理由なしで進める方向にします。

さすが役職ですね。

明確に拒否するのは違反だというのは認識しているのでしょうか。

 

ちなみにその後直属の上長を巻き込んだりしていろいろあったのですが結局適当な理由を並べてたらすんなりと申請は通せました。

 

認めさせるために申告した変更理由

「今銀行のローンの話を進めており、ローンを組むのにその銀行の口座を給与受取口座に設定するように言われている。ローンが通らず損害被ったらどうしてくれんの?」

と伝えました。

 

他には

「家計の管理のために指定した口座でないとダメ。隠し事をしていると疑われて今もめているので、これがきっかけで家庭が崩壊したらどうするの?」

「借金があり分割で支払うために給与口座を指定しないと一括請求されてしまう」

なども考えましたがネタ感が強かったのでやめました。

まぁこういった事情を述べたところで会社側は確認のしようがないし非常にセンシティブな内容なのでつっこめないでしょう。

まぁ最初からそれっぽい理由を話しておけばもっとすんなり行ったとは思いますが、人事の要求に沿って話を進めるのが癪だったのでかなりバチバチとやり合う展開になりましたね。

 

まとめ

  1. 受け入れられて当然であることを主張。
  2. 拒否することは違法ではないのか?と指摘。
  3. 就業規則・賃金規定など会社のルールで明記されているのかを確認。

以上が今回の交渉のポイントです。

多くの法律事務所のホームページや法律相談の掲示板などで会社側の違法性の意見が多かったので強気でいけました。

当事者同士の話し合いでなく文書化されている規定や規約に話を持って行けば当然出てきませんでしたね。

 

給料の受け取り方法を選択するのは労働者側の当然の権利です。

口座を指定したい理由だって様々であり、本当に家庭の事情などで困ることだって十分にあり得ますよね。

そこまでの事情でなくても「ATM手数料や振込手数料が安いから」「クレカと合わせてポイントがたまりやすいから」などの些細な理由でもいいんです。

本来認められる権利を「給与支払いの手数料を節約したいから」なんていう会社都合の理由で一方的に阻害することは許せないでしょう。

結局会社がケチった手数料は、望まない口座に振り込まれるお金を他口座に移す際に個人の負担なのでその費用を押し付けているだけにすぎません。

振込手数料なんてたかが数百円の話で争うのはバカバカしいという気もしますが、一方的に不利益を押し付けられるのは面白くないので全力で争ってみました。

 

労働法は弱い立場である労働者を守るための法律なのできちんと理解してうまく使えるように覚えておくといいでしょう。