【最大1か月間無料】独自ドメインが永久無料のConoHaWING(コノハウィング)

2020-05-26ConoHa

【ブロガー向け】国内最速!独自ドメインが永久無料で使えるConoHaWING(コノハウィング)アイキャッチ

ブログ・メディア運営において一番初めに行うことが独自ドメイン取得とレンタルサーバー選びです。

まずはお手軽な料金のレンタルサーバーを!ということでロリポップ!のスタンダードプラン(月額500円)を利用してきました。

しかしある程度アクセスも増えて稼げるようになるとサイトの表示速度が気になってきますよね?

Googleの調査によると、読み込みに3秒かかるとモバイルユーザーの半数以上が離脱してしまうそうです。

美雲このは
美雲このは
表示速度はSEOにも影響するので無視はできないね!

高性能なサーバーはロリポップの倍くらいの料金なのですが、ある程度稼げているのなら乗り換える価値はあります。

そのように考えてConoHa WING(コノハウィング)へ乗り換えました。

今までよりも料金は上がったけれど、独自ドメイン1つが永年無料で使えるのでそこまで割高感はなくかなり満足度が高いです。

そんなおすすめレンタルサーバーであるConoHa WINGの料金体系や他サーバーとの比較、特徴、乗り換え方法をまとめました。

 

キャンペーン情報

現在はCocoonテーマ提供開始記念キャンペーンが行われています。

6月8日(月)18:00までに利用を開始すると5%安くサーバーを利用できます。

なお、Cocoonを使わなくてもOKです。

詳細はこの記事の最後に!

期間契約で月額料金がお得に!

基本プラン

  • ベーシック 2円/1時間(1か月の上限1,200円)
  • スタンダード 4円/1時間(1か月の上限2,400円)
  • プレミアム 8円/1時間(1か月の上限4,800円)
  • リザーブドプラン 2.5円/1時間(1か月の上限1,500円)

WINGパック

基本プランとは別にレンタルサーバーと独自ドメインがセットになった長期利用割引プランである「WINGパック」というプランがあります。

WINGパックは契約期間が決まっており「3か月、6か月、12か月、24か月、36か月」から選ぶことができます。

利用するならこちらでしょう。

WINGパックは契約期間により割引率が大きくなります。

このWINGパックを契約することで、ドメイン1つを今後も更新料無料で使い続けることができます。

12か月の料金
12か月の料金

初期費用&初月の利用料金は無料

多くのレンタルサーバーで発生する契約時の初期費用。

3,000円程度取られるところが多いですがConoHa WINGでは契約時にかかる費用は無料です。

 

さらに、WINGパックは契約月の利用料金も無料となります。

つまり月初に契約すれば丸々1か月間無料なのでとてもお得に利用ができます。

 

お得な支払方法

ConoHaカードというプリペイドカードを使った支払いだと安く使える場合があります。

学生・教職員が対象の学割なら10%OFF、10万円以上のまとめ買いだと5%オフでカードの購入が可能となります。

【学割で10%OFF】ConoHaカードでお得にレンタルサーバーを利用しよう

 

スペック

ベーシック スタンダード プレミアム
最低利用期間 無し※1 無し※1 無し※1
ディスク(SSD) 250GB 350GB 450GB
転送量課金 無し 無し 無し
転送量目安 4.5TB/月 5.5TB/月 6.0TB/月
RAID構成 RAID10
OS CloudLinux
Webサーバー Apache + NGINX
サイト数 無制限
ドメイン 無制限
ドメイン仕様 初期ドメインを1個標準提供。独自日本語ドメイン利用可能、ドメイン階層に制限無し。
データベース MySQL
データベース数 無制限
データベース容量 2GB/個
メールアドレス数 無制限
ウイルスチェック F-Secure
迷惑メールフィルタ F-Secure
コントロールパネル 独自開発の管理画面をご用意。ブラウザ上から操作可能。
プラン変更 どのプランからでも、すべてのプランへ変更可能。※2
自動バックアップ 標準搭載。Webサイト、メール、データベースのデータを1日1回バックアップし、過去14日分を復旧用データとして利用可能。
リストア 自動バックアップの復旧用データからWebサイト、メール、データベースの復元が可能。
無料独自SSL Let's EncryptのSSL証明書を利用可能。
オプション独自SSL グローバルサイン社の提供する独自SSLを2,000円/月から利用可能。
2020/2/19追記 転送量が増えました

2020/5/26追記 データベース数が全プラン無制限になりました

 

国内最速はダテじゃない

コノハウィングは国内最速を謳っているレンタルサーバーです。

具体的には「日本国内シェアを90%以上占めたトップ10サービスの、各サービスの最下位プランをApache Benchで5回計測した平均値」において一番速いとのこと。

比較対象が”各サービスの最下位プラン”なので先ほど料金を比べたエックスサーバーのX10プランよりもコノハのベーシックのほうが速いという事ですね。

「サイトの表示速度を上げたい」という理由でレンタルサーバーの乗り換えを検討していたので、最速かつ安いConoHa WINGを利用することに決めました。

 

業界初!WordPressを自動インストール

ConoHa WINGはWordPressの導入が自動で行うことができる日本初のレンタルサーバーです。

初心者ブロガーにとってはかなりありがたい機能ですね。

無料テーマの「Cocoon」、有料テーマの「SANGO」というブロガーなら誰でも名前を知ってる人気テーマが利用できます。

これでこれからブログ開設をする初心者の方も導入で迷うことは無いでしょう。

 

ブログの移行作業はワンクリック

「WordPressかんたん移行ツール」のおかげで引っ越し作業を行えることができました。

ワードプレス移行時の手順はコノハ側でまとめられています。

1つの作業ごとに画像付きで詳しく手順が載せてあるのでかなりわかりやすいです。

ログインするとコントロールパネル内に「WordPressかんたん移行ご利用ガイド」という項目があるので、こちらから手順の確認ができます。

やることをざっくり説明すると

  • URLの入力
  • ユーザー名の入力
  • パスワードの入力
  • クリックして待つ

本当にこれくらいです!

これでワードプレスの引っ越しは完了です。

※取得済みのドメインで永年無料を利用するためには別途でドメイン移管手続きが必要

 

ConoHa WINGは誰にでも優しいレンタルサーバーです

処理速度が速いのはもちろんのこと、独自ドメインが永久無料で利用できるのも本当にありがたいです。

初期費用もかからずドメインも無料で使えるレンタルサーバーは他にはありません。

1か月目の料金が無料なのも嬉しいですね。

更にWordPressの導入も自動で行うことができるのでこれからブログ開設を行おうと思っている方にはかなりおすすめ度が高いです。

これからサイトを立ち上げる初心者にも優しい~~~!

 

既にサイトを持っている方でも簡単に移行をおこなうことができます。

実際に自分でも移行作業を行ってみましたが「え?これで終わり?」と拍子抜けするくらい簡単でしたよ。

その上サイトの表示速度も改善することができました。

関連:スコア29点⇒56点へ!Luxeritasの表示速度を改善した方法

 

速度が気になる方はConoHa WINGへの引っ越しを検討してみてはいかがでしょうか?

現状使っているサーバーを停止することなく移行ができるのもおすすめポイントです。

本記事で紹介したベーシックプランの上にさらに「スタンダード」「プレミアム」もあるので大規模なサイト、複数サイトの運営にも対応できます。

 

ConoHa WINGは2018年9月にリリースされた新しいレンタルサーバーです。

運営期間の短さも相まって認知度はまだまだ低いです。

しかしその実力は本物。

格安で爆速の体験をConoHa WINGで!

格安!爆速!のConoHa WINGへアクセス!

 

期間限定!今なら5%OFFでConoHa WINGを利用できます。

ConoHa WINGでは現在WINGパックが全プラン5%OFFで利用できるお得なキャンペーンを行っています。

キャンペーン期間は2020年4月7日(火)16:00~4月27日(月)18:00までとなるので欲しい方はお早めに申し込みください!

※初月の利用料金が無料なので5月上旬か6月上旬に契約するのがおすすめです。

 

Cocoonテーマ提供開始記念キャンペーンと銘打っていますが、利用しなければいけないということはありません。

あくまで”提供開始記念”ですので。

Cocoonについても少し紹介すると、多機能でシンプルなデザインが人気のWordPressテーマです。

「WordPressテーマ おすすめ」なんかで検索すると、だいたいどこのサイトでも紹介されています。

ブログデビューしたいという方はサーバー+ドメイン+無料テーマの3点がそろっているConoHa WINGで決まりですね!

美雲このは
美雲このは
キャンペーンの詳細は下のバナーから確認してねっ!

ConoHa WING公式サイト

より高速化を目指したい方へ

通常のレンタルサーバーではなくVPSを使うという手段もあります。

ConoHa VPSなら簡単にKUSANAGI、WEXAL(ウェクサル)といった高速化エンジンの利用が可能です。

詳しくは下記記事より。