仮想通貨

リップル(XRP)を買うなら取引所で!販売所では損をする理由とは

リップル(XRP)といえば日本ではかなり人気がある仮想通貨(暗号資産)ではないでしょうか。

2017年頃から仮想通貨投資をしている人だと誰でも一度くらいは触れているはず。

しかしXRP購入者には「もったいない買い方をしているな」と感じてしまう方がいることもしばしば。

本記事では人気通貨であるXRPを損しないように購入する方法とおすすめの取引所をご紹介します。

これから購入を検討している方は参考にしてください。

本記事を読んでわかること
  • 取引所と販売所の違い
  • XRPを購入できるおすすめの取引所
法律上の名称は「暗号資産」ですが当ブログでは一般的に浸透している「仮想通貨」と呼称します。

まず取引所と販売所の違いは覚えておきましょう

取引所方式 – ユーザー同士で売買を行う

販売所方式 – 取引所の運営会社を相手に売買を行う

取引所方式とは

画像のような“板”を用いてユーザー同士で売買を行う方式です。

取引所方式では価格を自分で決めて注文をする指値注文と、価格を指定せず板に並んでいる注文に対して即座に売買を行う成行注文から選ぶことができます。

注文方法により手数料が異なる

Maker – 指値注文を行い板に注文を並べること

Taker – Makerの出している注文に対して取引すること

MakerとTakerでは取引手数料別々に設定されていることが多いです。

また、一般的にMakerの方が優遇されているというこは覚えておきましょう。

販売所方式とは

販売所方式では自身で価格を決めて注文を行うことはできません。

取引所から提示される価格で売買します。

売買価格は取引所価格を基準に「買うときは高く、売るときは安く」設定されています。

実際にコインチェックの販売所のXRP価格を見てみましょう。

購入価格は60.798円、売却価格は55.861円ですね。

この購入価格と売却価格の差のことをスプレッドといい、このスプレッドが取引のコスト(実質的な手数料)となります。

スプレッドは取引所により異なりますが、取引所価格より±3~5%くらいになっていることが多いですね。

取引所に比べて販売所での売買は不利だとお分かりいただけるかと思います。

 

取引所と販売所の違いについて更に詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

売買の方法も解説しています。

【仮想通貨】絶対に知っておきたい「取引所」と「販売所」の違い金融庁の許可を受けた仮想通貨取引所(暗号資産交換業者)では、主に「取引所」と「販売所」の方式で仮想通貨が売買されています。 取引所...

取引所方式でXRPを購入できる取引所

取引所 取引手数料
Maker Taker
bitFlyer 0.01 ~ 0.15%
bitbank -0.02% 0.12%
GMOコイン -0.01% 0.05%
Liquid 0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)
BITPOINT 無料
HuobiJapan 0.012~0.150% 0.036~0.150%

取引所方式でXRPの売買ができるのは以上の6社です。

この中で特におすすめしたい日本最大手の取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)について詳しくご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitflyer
取扱銘柄
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコイン・キャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシック・アテンション・トークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
取引方法 現物取引(取引所・販売所)、レバレッジ取引
BTC取引手数料 0.01~0.15%無料(販売所は無料・スプレッドあり)
入金方法 銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金
口座開設期間 最短即日
最低購入金額 100円
運営会社 株式会社 bitFlyer
登録番号 関東財務局長 第00003号
公式サイト bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤーは4年連続(2021年時点)取引量が国内No.1。

海外にも展開しておりユーザー数250万人を抱えている超大手の仮想通貨取引所です。

また、ビットフライヤー社は国内で一番長く取引所を運営している企業でもあります。

もともとは販売所方式のみでの取り扱いでしたが、2021年4月1日からbitFlyer LightningにてXRP現物の板取引もできるようになりました。

bitFlyer Lightningは高機能な取引所で多くのトレーダーに利用されています。

もちろん「ガンガントレードをしたい!」という方だけでなくシンプルに「XRPを取引所形式で買いたい!」という方にもおすすめです。

\ 口座開設はこちら /

bitFlyer(ビットフライヤー)

安心のセキュリティもおすすめ要因の一つ

仮想通貨の取引所のハッキング被害はたびたび耳にする話なので、セキュリティ面が気になる方も多いでしょう。

ビットフライヤーはこれまで一度もハッキングの被害にあったことがありません

かなり信頼のおける取引所だと言えるでしょう。

セキュリティ面を重視したい方にもビットフライヤーはおすすめできます。

最短即日で口座開設&取引が可能

ビットフライヤーでは「クイック本人確認」というオンラインでの方法により最短即日で口座開設が完了します。

スマホがあれば誰でも利用が可能です。

ビットフライヤーの特徴まとめ

ビットフライヤーの特徴
  • 国内で一番長く営業している取引所
  • 高機能な取引所「bitFlyer Lightning」でXRPの取り扱いあり
  • 今までハッキングの被害に遭ったことがない
  • スマホから本人確認を行うことにより1営業日で取引可能

\ 口座開設はこちら /

bitFlyer(ビットフライヤー)

まとめ

国内取引所の中でお得にXRPを購入する方法は板取引がある取引所を選ぶことです。

販売所買うのも売るのも販売所で行うととんでもなく損してしまいますよ。

XRPのレバレッジ取引ができる取引所もありますが、大きく儲かるチャンスがある反面損するリスクも高くなります。

一度の急落で多くの資金を失うことも考えられるので初心者にはおすすめしません。

「取引所方式でのXRPの現物取引」だけを考えるとbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

XRPを取引するならビットフライヤー
bitflyer
おすすめ度
取扱通貨数 12種類
取引の種類 現物取引
公式サイト bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA